【アイライン脱毛方法】メリットとデメリットとは?

fd1bed5fbfd8851aca44754f8576a519_s
Pocket
LINEで送る

女性の永遠の課題、それはダイエットと脱毛といっても過言ではありません。今回は特にVIOラインのアイランについての脱毛メリットデメリットや脱毛方法についてお話ししていきます!

スポンサーリンク

~目次~

【Iラインとは?】

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s

VIOラインをまとめてよくハイジーナ箇所といったり、VIOゾーンといったりします。Iラインは局部のまわりお尻の肛門までのラインを言います。基本的にはデリケートゾーンをしてまとめられることが多いです。

【アイラインの脱毛方法】

スポンサーリンク

脱毛の方法はいくつかあります。

大きく分けてまずは二つあります。サロンでの施術を行って脱毛する方法自己処理で脱毛する方法です。サロンでの施術は、脱毛の方法が異なります。おもに、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛の3つがあります。それぞれ特徴があります。レーザー脱毛や光脱毛に関しては、ほぼ痛みを伴わない脱毛方法です。1本1本をきれいに毛根から取り除いていくという点においては、少し劣るかもしれません。毛を薄く目立たなくするにはぴったりです。

毛の生えてくる周期もあるのでそれに合わせて施術をしなければなりません。それに比べるとニードル脱毛は痛みは多少あるものの、毛が生えてきたらサロンにいき、抜いてもらいます。ほぼ1回抜いたところからは生えてきません。永久脱毛を希望する方は絶対にニードル脱毛がいいと思います。レーザーや光はまず毛をシェーバーなどで剃ります。

そのとき実際は肌を傷つけていることになるのです。それで毛穴に光やレーザーをあてて、毛根に照射して毛を殺すという感じなのではないでしょうか。

【アイライン脱毛のデメリットとメリット】

09b15a2fa8a451d48932f11c45266d74_s

アイラインの脱毛はデメリットなんかありません。メリットはたくさんありますよ。まず生理のときの臭いが気にならない、ムレなどもなくなる、Tバックをはくときにとても楽ということがメリットです。

【アイライン脱毛をおすすめする理由】

9ef286d01931ca36c58b84376b2bca48_s

夏もそうですがIラインはどうしても熱がたまりやすい部分です。ショーツでおおわれているので常に空気に触れていることはありません。そのため汗もたまりやすく、生理のときなんかはオリモノと汗、毛穴からの脂などいろいろなものが一緒になって独特な臭いがしがちです。そのためIラインの毛がなくなるだけでもすっきりとムレなどが気にならなくなります。

【アイライン脱毛をやるには】

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s

前述したようにサロンでの施術をおすすめします。無料クーポンやお試しキャンペーンなど数多くあるので調べてみるといいと思います。無料体験などもあるのでいくつかサロンをはしごしてみるのもいいですよ。料金体系やシステムなどもサロンによってかなり違います。

【脱毛後、、】

よくVIOラインの脱毛をしている人にお話しをきくと、どうしてもっと早くやらなかったのかと後悔するということを聞きます。せっかくかわいいショーツをかっても毛がはみ出したりしていては台無しです。水着も自信をもってきられるようになり、自分の自信へとつながります。特に女性は外側と内側からの美容方法があって気持ちの問題、ホルモンバランスの問題が大きく左右します。なにかいいことがあると自然と笑顔になります、また姿勢もよくなったりといいことばかりです。見えない部分だからこそ、いざ!というときに人に見られてもはずかしくないように日頃のお手入れをしていたいものです。

【老後恥ずかしくないの?】

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

アイラインの脱毛などすると、老後恥ずかしくないの?温泉のときは?なんて質問もあがるようですが、海外では脱毛は当たり前です。逆に自分が年齢を重ねて、介護などが必要になってしまったとき、それこそ自分の息子や介護士さんに下の世話をしてもらったりすることになったら、、、と考えるとアイラインなどのデリケートゾーンは処理しておくことをおすすめします。

【iライン脱毛のメリットデメリットまとめ】

fd1bed5fbfd8851aca44754f8576a519_s

いかがでしたか?【アイライン脱毛方法】メリットとデメリットとは?についてご紹介しました。iラインを脱毛することで、女性にとっていい事がたくさん♪ぜひ、検討してみてくださいね☆

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る