【むくみとダイエット】脚・顔のむくみをとって痩せる方法はコレ!

998a9bc735795390c643af31c8ed066e_s
Pocket
LINEで送る

もともと食べても太らない方、太れない方はこの悩みはないかと思います。食べすぎるとすぐに顔に出てしまう方、体重に出てしまう方、お酒を飲んだあとのラーメンがやめられない方に少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク

~目次~

【浮腫みをとる】

dd32daba75352a7f8569afdeee15fd84_s

浮腫みというのは顔だけではなく、体全体にでるものです。血流が悪い、リンパの流れが悪いと浮腫みます。また塩分の取り過ぎも浮腫みの原因となります。水分の取り過ぎでも顔が浮腫むことがありますのでご注意ください。水分といってもお水では太りませんが、浮腫むことはあります。アルコールが一番浮腫みやすいです。ではどのようにして浮腫みを取ればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

【顔のむくみ】

8293f87e3deae6f76f6a3e02ff85a743_s

顔にもツボがいくつかあって、リンパもあります。老廃物をリンパに向かって流してあげて血流をよくすることで浮腫みがスッキリとなります。また顔も肩と同じようにコリがあるのです。そのコリをほぐすだけでも目元がぱっちりしたり、顔がスッキリと見えることはもちろん小顔効果もあるのです。ではどのようにしてマッサージをしていけばいいのでしょうか。あまりぐりぐりとマッサージをやり過ぎると痛かったり、シワを作る原因となってしまうので注意しましょう。まず目の周りを自分の手で骨に沿うようにして押していきます。一方方向だけではなく反対まわしにもやるようにしましょう。次に耳の後ろに向かって顎からフェイスラインに沿って流していきます。続いて耳の前のところに向かって流すようにします。耳の後ろのリンパについては、首のリンパを流すようにしてください。小顔効果も期待できます。手で流すために、肌と肌がこすれて痛い場合もあるのでその時は、乳液を使って滑りヲ欲したり、顔用やマッサージ用のオイルを使ってやるのもおすすめです。

【脚のむくみ】

998a9bc735795390c643af31c8ed066e_s

脚の浮腫みは顔の浮腫みに比べると大変わかりやすいですよね。夕方になるとふくらはぎが痛くなってきたり冬などはブーツのファスナーが閉まらなくなってしまったり。。脚の浮腫みはその日のうちに解消することをおすすめします。浮腫みがそのまま太りの原因となるからです。脚の浮腫みは一番おすすめなのが浴槽にゆっくり浸かりマッサージをすることです。ヒールをはく方は、今日も1日お疲れ様と思いながら自分の身体をリラックスさせてあげましょう。お風呂からでたら本格マッサージをします。身体用、マッサージ用、痩身用、どれでもいいので滑りのいいオイルを使います。海外旅行など売られている安いオイルでも十分です。

片足ずつやります。ソファに横になりながら、ベッドでもいいです、脚がリラックスして伸ばせるところで行います。ふくらはぎにオイルをつけて上下にマッサージをしていきます。痛いけどきもちいくらいの力加減でやるようにしてください。なでるだけでは全く効果がありません。ふくらはぎの後ろ、すねの骨にそった左右のラインは歩くのにも筋肉を使うところなので非常に疲れています。10分程度毎日やってあげるとすっきりとした脚でいられます。

f1a5b78a63c64282d8ca1399fa8eb677_s

太ももも同じです。太ももの場合は、少々強めに行います。手をグーにして皮下に溜まっているセルライトもほぐしてあげるとより浮腫みがとれ、そして痩せやすい脚になります。座り仕事が多い方は脚の付け根に向かってマッサージをするといいです。これのリンパのマッサージを1日1回はやるようにがんばりましょう。疲れて帰ってきてそれどころではないという方は、朝の5分でもいいのですっきりとさせてあげると効果がでます。すっきりとするとメイクもノリがよくなるしおすすめです。

【ダイエットと浮腫みまとめ】

d71ec284a3512751af50d2e9005c0e6c_s

運動をしても、しなくても浮腫みはでます。座っているだけでも血流が悪くなったりすると浮腫みます。市販のアイテムで浮腫み防止のソックスなどもあるのでそれも有効活用するといいですね。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る