【豆乳ダイエット】5キロ痩せ成功のコツ!ココアやきなこも一緒に

9e72be78cc2d824ebb566f52a850bed2_s
Pocket
LINEで送る

女性が大好きな飲み物の一つの筆頭に挙げられる飲み物でもありますね。喫茶店でも、豆乳のメニューや豆乳にカスタマイズなど、日本に古来よりあり、そして、現代でも女性から愛される。今回はそんな豆乳を使ったダイエットを紹介いたします。

スポンサーリンク

~目次~

【豆乳ダイエットとは】

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s

豆乳ダイエットは、1日200mlの接種を限界として、1日3回飲むことで、満腹感を促し、そして間食を防ぐ。そんな狙いがあります。また、豆乳の嬉しい効果を利用して、体の中から若返る、綺麗になる、健康になる、そんな一石二鳥なダイエット方法です。

スポンサーリンク

【豆乳ダイエットの効果は??】

6525f768fb274f2bc94e71512b79d76b_s

豆乳は食物繊維が少ないことを除くと、本当に完全無欠と呼べる食品です。消化吸収も非常によく、胃腸にも負担がかからない。そんな食品です。その中でも、特記すべき栄養素が複数あるので紹介していきましょう。

大豆たんぱく質・・・・お魚やお肉と同じタンパク質ですが、完璧に植物性タンパク質です。体内で吸収分解に時間がかかるため、間食を予防します。うれしいことに血流を改善してくれます。もちろん、タンパク質ですので、運動する方は、200ml摂取しても何ら問題はありません。
大豆オリゴ糖・・・・小腸に住んでいる、大事な大事なビフィズス菌や乳酸菌の栄養となってくれます。お通じ改善が期待できますね。
イソフラボン…いわずと知れたホルモン、エストロゲンの調整をしてくれます。豆腐や豆乳の代名詞ともいわれる栄養素ですね。閉経後には骨粗鬆症の予防にも一役かってくれますよ。
ビタミンE・・・・血行を良くする。美肌や肩こりに効果があります。
サポニン…血液中の余分な脂を流してくれます。肥満体質改善に期待がもてますね。
マグネシウム…ホルモン分泌臓器の働きを調整してくれます。

以上の特記事項から、豆乳という食品が非常に優れていることがよくわかりますね。お通じ最善、体質改善、ホルモン調整など、本当に一石二鳥という状態ですね。

【豆乳ダイエットのやり方は??】

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

豆乳ダイエットは、1日3回食前に豆乳を1日多くても200ml飲むことです。これによって、大豆たんぱく質の特性を活かし、満腹感を得たり、間食を予防することができます。また、豆乳にはコレステロールが存在しないため、コレステロールが高い方にも有効なダイエットと言えますね。現在、調整豆乳、無調整豆乳、と様々ありますので、豆乳大好きな方は無調整豆乳で、豆乳の本来の味わいを楽しみ、少し苦手な方は、調整豆乳で頑張りましょう。さて、こんな完全無欠の敵なしダイエットともいえる豆乳ダイエットですが、問題点が複数存在します。それの改善点を提示していきましょう。そして、おススメの時期をお知らせしましょう。

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

・・・弱点 食物繊維が足りない!
豆乳は唯一、食物繊維が足りません。その為、食物繊維を補ってあげましょう。
夕食時におすすめ純ココア豆乳。純ココアと、豆乳を混ぜて飲んであげてください。ココアには、PMSにより引き起こされるカリカリやストレス解消にも効果が期待できるアロマ効果があります。
食物繊維を補うきなこ豆乳
栄養成分が豊富なきな粉には、食物繊維も含まれています。200mlに大匙2敗はい入れてあげましょう。時間は問いません。

⇒豆乳ダイエットにおすすめの時期は?

生理の前が有効です。生理前は、黄体ホルモンが分泌される自然の仕組みがあります。その為、自然と、食欲がわき、脂肪をためやすい時期でもあります。その時に、先にダイエットを開始しておけば、生理後のいわゆるヤセ期に対応し、確実に痩せることができます。

【豆乳ダイエットまとめ】

8f647f6a46c054b6e3e031042a05a367_s

豆乳ダイエット、なかなかダイエットを抜きにしても、豊富な栄養素は侮れないと思います。ダイエットを抜きにしても生活の中に取り入れることをしてみるのもいいと思いますし、手ごろなダイエットを始めてみるのに、イイのではないでしょうか??

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る