【コーヒーダイエット】老廃物を出して3キロ痩せた方法!!

c312f41266e8cfecd65eff935db60948_s
Pocket
LINEで送る

コーヒー、サラリーマンの味方ですね。また受験生もよく飲んでいますね。あの絶妙なにおいの虜という人も多いと思います。今回は、そんなコーヒーを使ったダイエット方法をご紹介します。

スポンサーリンク

~目次~

【コーヒーダイエットとは】

9c80eb1faced1406d54cc3347f707007_s

コーヒーダイエットは、コーヒーに含まれる栄養素や効果を利用することで、体質改善を促し、体重を落とそうというものです。個人差や、少し注意点があるので、そこに気を付けながら行っていきましょう。

スポンサーリンク

【コーヒーの効果は??】

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

コーヒーは栄養成分の99%が水分でできています。しかり、その残りの1%に効果が凝縮されています。今回は、それを紹介していきましょう。

カフェイン・・・・いわずもがなの知れ渡った効果ですね。このカフェインにまず、血中の脂肪燃焼作用が含まれています。運動する20分から30分前に飲むと脂肪燃焼作用があるので、運動やストレッチの前にお勧めします。2つ目に覚醒効果。脳を起こしてくれますよ。元気になりたいとき、眠いときによく飲んでますよね。
クロロゲン酸…脂肪を燃焼促進する効果があります。このクロロゲン酸、一つ弱点があります。非常に熱に弱いので、後で書きますが、自分でコーヒーを淹れる際には、温度に気を付けましょう。
抗酸化物質…野菜やフルーツに含まれることでも知られていますよね。体を酸化から守ってくれるアンチエイジング物質です。しかも、コーヒーに含まれる抗酸化物質は、野菜やフルーツよりも吸収率が良いので、効率よくアンチエイジングが期待できます。
リラックス効果…コーヒーのあの独特の香り。大好きな人は分かると思いますが、あの香りにはリラックス効果があります。また、アロマにより脳内にα波が出てくれるので、脳の活性化が期待されます。認知症の予防にも役に立ちそうですね。
肝硬変の防止…コーヒーを1日1杯以上飲む人は、そうではない人に比べたときに、発症リスクが20%下がるそうですよ。
二日酔いの防止・・・・アセトアルデヒドという物質が高い利尿作用を促してくれます。むくみ取りに効果が期待できます。これと同時に、血管拡張作用により、血流を良くしてくれ、頭痛を和らげてくれるんですね。二日酔いによる頭痛は、アルコールが体内に存在して分解できないことで起きるので、利尿作用の上に血管が拡張されたら、一発撃退ですね!
うつ病の予防…1日4杯以上飲んでいる人は、発症確率が10%以上下がります。アロマによるリラックス効果があるかもしれませんね。
消化促進…コーヒーは胃液を刺激してくれます。それにより、消化液を胃が分泌してくれ、食べ過ぎたときなんかにいいのです。かえってすきっ腹の時に、飲んでしまうと体調を崩す人もいるのでお気をつけて。

▼コーヒーダイエットオススメ商品

【コーヒーダイエットのやり方とは?】

713703d0d85617893a919e81e84c852d_s

コーヒーダイエットは一日に数回コーヒーを飲むというダイエットです。一見、簡単ですがいくつか注意点があるので、気を付けてくださいね。コーヒーには鉄分の吸収を妨げるという作用があるため、貧血になりやすい方は、朝は特に飲まない方がいいと思います、満員電車で倒れてしまっては大変です。高い利尿作用があるため、水分の代用にはできない。コーヒーを飲めば痩せるというのは違います。水の何倍もの利尿作用があり、お手洗いが近くなってしまうため、水分とは言えないので、これからの季節、特に熱中症のリスクが上がってしまうので、水分とは別の区分で捉えましょう。カフェインが水溶性のビタミンを流失させてしまう。さきほどの利尿作用と関係してきますが、カフェインの利尿作用でせっかくとったビタミンも流失してしまいます。食事と一緒に取ることが栄養のバランスを崩す可能性を高めるので気を付けましょう。

より高い効果を得るには?

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

まず、ブラックコーヒーで飲んでくださいね。どうしてもしんどいときは、豆乳を入れて甘くしてあげてください。また、カフェインを多く摂取する、クロロゲン酸を破壊しないために自宅で飲む際は、ドリップのインスタントコーヒーをお勧めします。気温は80度まででゆっくりと淹れてあげてください。それにより、アロマを感じながらより高い効果が期待できますね。

【コーヒーダイエットまとめ】

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

身近に売っているコーヒーですが、たくさんの効果があることが分かりましたね。注意点もありますが、利用すれば体質改善も期待できますね。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る