もう迷わない!タイプ別にみるオススメ日焼け止め

0bcba2749e8fed8c4e301d39dc428e62_s
Pocket
LINEで送る

今年こそ焼きたくない…そろそろ紫外線も多くなり、毎年毎年黒くなるお肌。シミも増えて嫌になってしまいますよね。でも暑いし長袖を着ていたら倒れてしまいそう!!冬場にお手入れしてきた白いお肌、キープしたいですよね。今年も日焼け止めが必要な季節になってきました!どんな日焼け止めを選んだらいいのかな…?お迷いの方も多いかと思います。そこで今回はタイプ別のおすすめ日焼け止め、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

まずはどんな種類があるの?? どんな特徴なの?

1.ジェルタイプ

水のように軽くて、とても軟らかいテクスチャ。伸びも良くて肌に馴染みます。つけ心地もよく、白浮きもしづらいです。
全身に使えるものが多く、便利なのも特徴。
2.乳液(ミルク)タイプ
しっかりと肌に浸透してくれて、とても伸びもいいです。保湿力もあり、テクスチャはとろみのあるもの。ファンデーションの下地にも使えます。

3.クリームタイプ

しっとりしてて、テクスチャもやや固めな印象。保湿力抜群で、落ちづらいためウォータープルーフタイプが豊富に揃ってます。

4.パウダータイプ

メイクの上からでも塗ることのできる、とても便利なタイプ。ベタつきもなく簡単にパフでつけることができます。皮脂をおさえるメイク直しとして人気です。

5.スプレータイプ

スプレーするだけで簡単にUVケアのできる優れもの。なかなか手が届かない背中などにも使えますし、手を汚さずに日焼け止めを塗ることができます。顔、身体、髪にも使えたりとオールマイティな商品も。

たくさん種類があるので、自分で使いやすいと感じたタイプを購入されるのがいいですよね。あとは気になる使用感。効果あるのかな?などなど気になるところ。それでは実際の売り上げランキングを見ていきましょう!
@cosme売れ筋ランキング(ボディ用)

1位ビオレさらさらUVアクアリッチ ウォータリーエッセンスSPF50+

顔、身体兼用のジェルタイプ。匂いもしないし、ベタつきもなく軽いつけ心地で人気!低刺激なところも高評価です。肌に乗せるとさらりと滑り落ちる水のようなテクスチャが特徴。肌になじませても日焼け止め特有の色もつかないし、塗りやすいです。

2位ニベアサンプロテクトウォータージェルSPF35

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ニベア花王 ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35 PA+++ 80g
価格:665円(税込、送料別) (2016/8/12時点)

こちらも顔、身体兼用ジェル。テクスチャは白いクリームのようですが、肌にスーッと馴染み油残りのような気持ち悪さもなく使いやすいです。石けんで簡単にオフできるのも魅力です。

3位パラドゥバズガードUV

こちらの商品は日焼け止めだけでなく、虫除け効果もあるという優れもの!
顔、身体兼用で天然ハーブ効果で虫除け効果があるそうです。ウォータープルーフでも石けんやボディソープで落とせます。ジェルタイプでつけ心地もさらりとした感触です。

4位ビオレ さらさらUV のびのびキッズ

キッズ用がランクイン。子供ができるくらい肌に優しい一方、SPF50+PA++++としっかりUVケアもしてくれます。紫外線吸収剤が直接肌に触れず、肌に浸透しにくい構造です。乳液タイプでしっとりと保湿してくれて、石けん、洗顔料でオフできる優しいタイプです。

5位アネッサパーフェクトUV アクアブースター

汗を味方にする!CMで話題の日焼け止め。
汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなる、アクアブースターが搭載されています。もちろん超ウォータープルーフ!!乳液タイプでみずみずしい、肌に優しいさらさらしたテクスチャです。強力に紫外線対策をするならコレ!と指名買いする方が多数です。もちろん白浮きもせず、長時間の使用に最適です。

ランキング上位の5つをご紹介しました!

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s
昔の日焼け止めのように白くなったり、服に色がついたりするものは少ないようですね。
筆者も1位のビオレのさらさらUVアクアリッチを使用していますが、簡単に肌になじむので重宝しています!日焼け止めは一度塗ったらおしまい!というわけではありません。必ず日中、塗り直して効果を持続させてくださいね。さらに効果を高めたい方はジェルや乳液タイプの上から、こちらではご紹介できなかったパウダータイプを重ね塗りしたり、塗り直し用にパウダーを持ち歩くなど、いろいろ試してみてください!

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る