「メイク初心者の高校生」持っておくべき道具一覧

1d42d33ccd770453962050b4ec83104e_s
Pocket
LINEで送る

誰もが通る、メイク初心者・・・はじめはアイカラーやグロスから挑戦し、メイクを繰り返すうちにどんどん上達していくことが多いですが、何を持っていればいいの?と疑問に思うはずです。そんな「メイク初心者の高校生」へ持っておくべき道具一覧を紹介します。

スポンサーリンク

【初心者メイクの目次】

1.眉毛を整えよう。

必要な道具:顔用I字カミソリ・眉はさみ・眉ペンシル

まずは、眉毛を整えるところからです。眉がきれいだと、たとえメイクをしていなくても清潔感があります。初めて眉毛を整えるときは失敗しやすく、細くなりすぎた!!左右対称じゃない!!となることが多いので、まずは、このくらいにしたい。と決めたときに眉をかいてみましょう。何度も書き直してもいいので、ここで満足のいく眉にするまで書くことです。

7e6350615ce9151ec2da2fd8f47025f2_s

その時にはみ出た部分を眉はさみと、顔用のI字カミソリで整えれば理想の眉毛の完成です!多い部分は切ったり、剃ったりの調節はできるので、ちょっと太いかな?くらいやめる方が失敗しません。眉毛を整えることができたら、次はベースメイクです。

2.下地とファンデーションを選ぼう!

必要道具:化粧下地・パウダーファンデーション

ここで、ファンデーションのみしか塗らない方も多いのですが、肌の密着力や補正をしてくれる大事な役割をしてくれるのは、下地です。必ず使用しましょう。ファンデーションはリキッドタイプもあるのですが、初心者の方にはパウダーが簡単でおススメです。

下地をむらなくしっかり塗ってから、力をいれてファンデーションを塗るのではなく、鼻に近い頬から顔の外側に向かって優しくそっとすべらせていきます。

この時に注意するのは、鼻や、鼻の下などはよれたり化粧崩れしやすい場所です!ここの部分は最後にファンデーションのパフに残ってるくらいの部分で塗るだけで十分です。塗りすぎに注意しましょう!ベースメイクが出来上がったら、次は眉・アイカラーです。

3.目元はブラウンがおススメ!

必要道具:眉ペンシル・ブラウン系のアイカラー・ビューラー・マスカラ

まずは、整えるくらいに眉をかこう。眉はしっかりあってニュアンスだけ変えたいときにはアイブローパウダーもおススメ。眉がかけたら、アイカラーです。

4色や3色が入っているブラウン系のアイカラーが多く出ているので、まずはホワイトや薄いベージュの1番明るい色が入っているので、その色をアイホール全体に塗ります。アイホールというのは、目をつぶってまぶたを優しく指先で触れると眼球があるのがわかると思います。

f83f8293af3d9cca5d5720e74737651e_s

その後、グラデーションが不得意なうちは一番濃い色をアイライナーのように上まつ毛に沿うような感覚で細めに塗ります。一番濃い色を塗った後、ぼかすような感覚で次に濃い色を先ほど塗った幅よりも太めに塗れば、グラデーション完成です!ここでは、ブラウン系アイカラーを進めましたが、その理由はどんなメイクやファッションにも合う万能カラーだからです。上達してきたときには、いろんなアイカラーを選んでみるのもいいですね。

そして、ビューラーでまつ毛をカールさせ、マスカラを塗ればぱっちり目元完成です!マスカラは、最初はたっぷりつけすぎないように注意しましょう。ここまで来ればあと少し!

4.チークを選ぼう!

必要道具:チーク

チークは、オレンジや薄いピンクがおススメ!ヘルシーな元気なイメージにしたいときにはオレンジ。かわいらしいふんわりしたようなメイクなら、ピンクを選びます。ピンクはつけすぎると派手に浮いてしまいますので注意しましょう。基本は、笑ったときに盛り上がる頬の部分に塗ります。慣れてきてからは、いろいろな塗り方でイメージが変わってくるのでチャレンジしてもいいんではないでしょうか。

5.グロスを選ぼう!

必要道具:グロス

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ちふれ化粧品 リキッド ルージュ 124 ピンク
価格:648円(税込、送料別) (2016/9/8時点)

グロスは、最初は選んだチークと合わせてあげるとメイクに統一感がでます。オレンジのチークを選んだ場合、オレンジ系のグロスピンクのチークを選んだ場合は、ピンク系のグロスを選ぶといいでしょう。

初心者メイクまとめ

はじめはナチュラルなメイクを心掛け、慣れてきてから自分好みのメイクに近づけてあげると失敗しにくいです。いかがでしたか?メイク初心者の高校生でも簡単にメイクを仕上げることができます。ファッションと同じく、毎日の洋服やメイクを選びを楽しくおこなってみてください。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る