産後お腹ダイエット「5センチ痩せる」3つの方法

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s
Pocket
LINEで送る

出産後、「体型が戻らない」「体重は戻ったのにお腹だけポッコリのまま」なんてことありますよね。赤ちゃんがいるとダイエットしたくても筋トレやストレッチをしたり、ジムやエステに行く時間なんてもちろんないですよね。今回はそんな忙しいママにもオススメ!隙間時間に出来る産後のお腹に効く簡単なダイエット方法を3つお教えします。

スポンサーリンク

~目次~

何を食べていますか?

1a9c8c20d6f98009836bbdac2aec87d3_s

体重が戻っていない人…お腹が減ったら何を食べていますか?妊娠中に10キロ近く増えてしまった体重。産んだら戻ると思ったら思ってたより減ってない!と焦ってダイエットを決意する人も多いと思います。妊娠中はたくさん食べろと周りに言われいっぱい食べる癖がついちゃってる人もいるかもしれませんね。それに加えて、母乳育児はとにかくお腹が空きます。さっき食べたのに数時間したらまたお腹が減って…ゆっくり作って食べる時間なんてないからお祝いでもらったお菓子やケーキについつい手が出てしまいます。

923fdd3d725cfbc5dc6677e8769e0213_s

母乳育児はママの食べる食事がとっても大切です。特にタンパク質と炭水化物。ダイエットには大敵と思われる2つですが、産後のママには必要な栄養素です。タンパク質が不足すると抜け毛が増えたり爪やお肌もボロボロに。

40f8970f6d4d71678b9f13c00265354d_s

お肉で脂肪分を摂りすぎると乳管が詰まりやすくなるのでオススメのタンパク質は「豆腐」冷や奴なら調理の手間もかからず冷蔵庫から出してすぐに食べることが出来ますよね。生姜醤油でさっぱり食べても良いし、ごま油とラー油などを組み合わせて中華風にも。きな粉や黒蜜をかければデザートにもなります。そしてもう一つの必要な栄養素である炭水化物はすぐにエネルギーになるので母乳不足にもオススメです。育児は体力勝負なのでしっかり摂りましょう。

2e8456a23fad5972907f80c558c9f1df_s

手軽に食べれるのはパンですがオススメはやっぱり「ごはん」甘いお菓子や菓子パンではなく、間食をおにぎりにするだけで母乳の質もお腹の減りも良くなります。産後は便秘になりやすく、お腹痩せに便秘は大敵!水分不足を解消するためにお茶漬けなんかも良いですね。食事を変えるだけでも脂肪が燃えやすくなったりお腹は満たされるけどカロリー制限出来たり便秘解消になったり…まだ体重が戻っていない、という方はこれだけでも体重が落ちてウエストマイナス5センチのサイズダウンが可能です。

スポンサーリンク

開いた骨盤を元に

b0bf64a94cdcd658950b321b4e96bd06_s

「仰向け腰ひねり」で開いた骨盤を元に戻しましょう。産後、一番気になるのはやっぱりお腹から腰回り。出産で開いた骨盤をそのままにしておくと開いた隙間にどんどん脂肪が蓄えられてしまいます。逆に、骨盤を元に戻してあげると居場所のない脂肪は自然と落ちておきます。簡単に出来る骨盤はエクササイズは「仰向け腰ひねり」

9ca08564263068d44b617eced9643dbe

仰向けの状態で足をそろえて膝を立て、息を吐きながら両足を右に倒し、息を吸いながら元に戻します。反対側も同じようにします。これを1セットとして1日5~10回を目安に行います。

お腹から腰のお肉をひねって追い出すイメージでゆっくり息を吐きながらしてください。お腹のポッコリが気になる方や産後体重は戻ったのに前のジーンズが入らない…という方にはオススメです。赤ちゃんがいると激しい運動や時間がかかるエクササイズは出来ませんが、これなら夜寝る前に布団の上でも出来るし、赤ちゃんがお昼寝中に静かにストレッチ出来ちゃいます。-産後の骨盤は開いていて当然。その骨盤をしっかり戻すことで産後のウエストをマイナス5センチサイズダウンすることが可能です。

たるんだお腹を!

0819f27b9a7643dcad70ac7fb4ee7e01_s

誰にでもある「あの時間」でたるんだお腹を引き締めましょう!体重増加や骨盤の開きだけではなく産後のお腹には必ずある、たるみ。体重が戻ってもなかなかウエストのくびれは戻ってきませんよね。時間があれば腹筋100回!と気合を入れたいところですが、赤ちゃんはママの都合はお構いなし。そんな時間は与えてくれませんし、毎日の抱っこで身体はヘトヘト…気合を入れて筋トレなんてする気が起きないのが正直なところ。

ながらダイエットをしよう!!!

69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_s

時間がない…と言いながらでも必ずある時間、それは「ハミガキ」と「ドライヤー」-その時間でポッコリたるんだお腹をマイナス5センチしちゃいましょう。やることは簡単。息を吐きながらお腹をグ~ッと限界までへこませるだけ。実際にしてみるとわかると思いますが、へこませるには結構力を使うんです。これをハミガキの時間、ドライヤーの時間にすることで自然とインナーマッスルが鍛えられ、ポッコリたるんだお腹を引き締めることが出来るんです。-これなら1日数回、時間を作らなくてもダイエット出来ますよね。-もちろん椅子に座ってるとき、キッチンで立っているとき、洗濯物を干しているとき、などいつでも出来るのがこのダイエットのいいところ。自分がやりやすく、毎日の習慣に出来るところで続けることでたるみもなくし引き締まったマイナス5センチのウエストを目指しましょう。

産後お腹ダイエット「5センチ痩せる」3つの方法

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s

産後のママは自分のことに時間をかけることが出来ない。でもだからと言って産後のお腹をそのままにしておくのはもったいない。少しの工夫で簡単にマイナス5センチのお腹を手に入れることが出来るので時間がないからと諦めず、トライしてみてください!きれいなママでいることは子供にとっても旦那さんにとっても、そして自分にとってもプラスになること間違いなしです。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る