「1週間で5キロ痩せる」方法!運動と食事で短期痩せ

2715167ad107982190de65bc144102f5_s
Pocket
LINEで送る

1週間後までに5キロ痩せる必要がある時、あなたはどうしますか?あきらめる事ができる人は良いでしょうが、どうしても5キロ痩せる必要がある人は、途方に暮れる目標ではないでしょうか?今回はそんな時に役に立つ、緊急事態ダイエットをご紹介します。覚悟して頑張りましょう。

スポンサーリンク

~目次~

【まずは運動!】

とにかく結果を出さなくてはいけないので、運動は必ず行いましょう。
○ウォーキング

aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s
1週間で5キロ痩せるとなった時、思わず負荷のかかる筋トレを行いがちですが、それは間違いです。この場合、体の脂肪を燃焼する働きがある有酸素運動を行うことが最適な方法です。

その中でもウォーキングが一番実行しやすく、運動を普段しない人にもできる運動では無いでしょうか?ふくらはぎを意識しながら、1時間以上ウォーキングを行いましょう。額にうっすら汗をかきだしたら、体の脂肪が燃焼しだしたサインです。慣れて来たらスピードを上げさらなる効果で頑張りましょう。
○水中ウォーキング

9237c44e7693aed16b44bcf6ea09bcc5_s
こちらは普通のウォーキングと比べ、体に水圧の抵抗がかかり、より効果を得ることができると評判です。また足腰に自信が無い人は浮力を利用し、体に余計な負担がかからずできるため人気があります。

水中ウォーキングを行う場合は腕大きく振りましょう。体が上下に動く歩き方はあまり効果が無いので、歩幅を考えゆっくり足を前に出して下さい。きついかもしれませんが1時間以上は行いましょう。5キロ痩せるのは簡単ではありません。
○スクワット

46e92bed911e624a392eadf151082fb8_s
先にご紹介した運動にスクワットをプラスしたら、もっと痩せ効果が出ます。スクワットは有酸素運動と、ヒップ・脚の筋肉へのアプローチ両方が可能です。

スクワットは肩幅程度に足を開き、ゆっくり腰を下ろしてください。その時呼吸を吸いながら行いましょう。そして腰を下ろせるところまで下ろしたら5秒キープ。最後に息を吐きながら体をもとに戻します。これを1日20回×3セット1週間頑張って下さい。

スポンサーリンク

【食事も重要!】

f9fa8142e3911fab2fed6a8a94d7e192_s

1週間で5キロ痩せようと思ったら、食事も見直さなければいけません。
○朝食はスムージー

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s
朝食はスムージーを摂りましょう。これは体の老廃物を排出させる働きがあります。おすすめは、小松菜・バナナ・レモン・はちみつを使ったグリーンスムージーです

。スムージー愛好者の中でも、痩せ体質・美肌・便秘解消と言った効果があると評判の組み合わせです。そしてゆっくり噛みしめるように飲んで下さい。お腹も徐々に満足して行きます。
○昼食と夕食は炭水化物抜きでのりきる!

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
お昼と夜には炭水化物抜きダイエットで1週間5キロ痩せを目指しましょう。こちらは単純に炭水化物を摂らないダイエットです。炭水化物は血糖値を上昇させる働きがあります。

血糖値の上昇時に脂肪を作ってしまうので、その基となる炭水化物を最初から摂らず痩せる方法です。炭水化物と言えば、ご飯・パン・麺類を思い出すかもしれませんが、さつまいも・ジャガイモ・かぼちゃ等の野菜も炭水化物ですので、この1週間は我慢しましょう。

4e243f872c209786a3c8e8ad4ecbb8b9_s

後はビールもNGです。ビールには糖質がたくさん含まれています。糖質も炭水化物同様脂肪につながりますので今回は我慢です。焼酎などの蒸留酒は良いと言われていますが、1週間で5キロ痩せるという目標があるなら控えたが良いでしょう。

【1週間で5キロ痩せる方法!運動と食事まとめ】

33ab19e6a1407d3920fe5a914f260280_s

本気で痩せる!今回ご紹介した方法は、1週間で5キロ痩せると言う、緊急事態が発生した時のみおすすめします。急激なダイエットは体調を崩したりリバウンドしたりとデメリットのリスクと戦いです。それでもどうしても痩せなくてはいけないなら、やるしかありません。趣味がある人は、気分転換をしながら行うのも良いでしょう。ダイエットにリラックスは必要です。そうやって、1週間で5キロ痩せの結果を出しましょう。頑張った人には必ず結果がついてきますよ。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る