【うる目メイク!】おすすめ涙袋・単色アイシャドウ(ライナー)8選

3ba002af4d82916b56a7eacabd13152f_s
Pocket
LINEで送る

ウルウルと子犬のようにかわいらしい目元に仕上げると、守ってあげたい。ほっておけないようにも感じてしまう不思議なメイク方法。もともと涙袋がたっぷりある方はそれだけでウルウル感は出ますが、もう少しウルウル感を出したい方におススメする、涙袋用に使用するおススメアイシャドウ8選をご紹介します。

スポンサーリンク

1. アディクション ザ アイシャドウ 35 Pink Python

アディクションの単色アイシャドウは色が豊富で、発色とパウダーの粒子の細かさから人気の商品ですが、その中の35ピンクのアイシャドウがおススメで、涙袋がほしいところにふわっとのせてあげるだけで、目元にウルウル感がアップ。保湿成分配合で、パサつかないパウダーがつけたて仕上がりを持続させます。

2. エレガンス クルーズ ファインカラー S04 シルキーアイボリー

見たままの色が発色するアイシャドウで、アイシャドウの種類も豊富にそろっています。クリームベース、パウダータイプと色によって一番あう形状につくられており、自分好みのアイシャドウを選んで使用できるタイプです。コロンとしたエメラルドのような蓋も可愛くてポーチに忍ばせたくなってしまいます。こちらのシルキーアイボリーは、うる目メイクに挑戦したいけど、やってます!感を出したくない方におススメです。アイボリーの色が肌になじみやすい色なので、強調はしないものの、明るさを出してくれ控えめなパール感がちょいウルを演出。ナチュラル好みの方や、涙袋メイク初心者の方にもおススメです。

3. スウィーツ スウィーツ スパークリングアイグロス 01 ミルキーベージュ

1本で濡れたようなツヤ感をだすことができるアイグロスで、グロスと聞くと、ツヤ感はいいけどよれるのでは・・・?と感じる方もいらっしゃると思いますが、しっかり肌に密着するストレッチ効果で、涙袋に使用しても、アイシャドウのベースに使用してもにじまず、よれることもなく使用できる商品です。パール感がかわいいミルキーベージュと、アイグロスのツヤ感で目元のウルウル感を演出します。プチプラで優秀なコスメで人気の商品でもあります。

4. アヴァンセ シピエ アイズグラッセ BO-1

大人女子におススメのアイシャドウで、パレットで購入しこの色だけ余ってしまった・・・ってこともなく自分好みでカスタマイズできる色種類豊富なアイシャドウで、別売りパレットに好みの色をセットして使うこともできますが、今回おすすめする色はBO-1のピンク系アイシャドウ。ピンクの色を黒目の下あたりにチョンとのせてそこから左右に広げていくように、伸ばしてあげるとあっという間に涙袋のようなうる目メイクの完成です。パウダー浮きもせず使用できます。

5. エスプリーク セレクト アイカラー PK800

単色アイシャドウの大きさが、小さめで涙袋メイクに使用するにはぴったりの大きさ。大きさだけでなく、パウダーの粒子も細かくしっとりしたパウダーが粉とびしません。ピンクといってもほんのりピンクかな?といった感じの色なので主張しすぎない大人うる目に仕上げます。また、好みの2色を選んでセットできる別売りケースもあり、パウダーも柔らかく発色もいいので、涙袋メイク用以外でもおススメです。

6. ラブドロップス  涙袋ウルミライナー

こちらはペンシル型アイシャドウで、色が付きますが、ネーミングの通り、涙袋専用の商品ででています。キラキラっとしたラメ感が目元をウルウルとさせ簡単に涙袋をつくることができます。

7. アヴァンセ   ジョリ・エ ジョリ・エ クレヨンアイカラー

こちらは、涙袋メイク用だけでなく、アイシャドウ、ハイライトとしても使用できる1本で3役してくれるアイカラーで、美容液成分の入った柔らかいクレヨンタイプが目元に立体感を出してくれます。しっかり描けば、しっかり発色するのであまり目立たせたくない方は、力加減に注意して少しずつ書いていきぼかすのがポイントです。

8. ヘビーローテーション  シャイニージュエルアイライナー03

しっかり涙袋を強調したい!そんな方におススメなのはこちらのアイライナータイプ。ささっと塗れば、きらっきらのパール感がウルウル目元を強調。ライナーですが、にじみにくく落ちにくいタイプなのでパキパキにもならずメイクもちもいいです。

涙袋メイク!まとめ

いかがでしたか?涙袋メイクでも、ナチュラルに仕上げたい方、涙袋感をしっかり出したい方、いらっしゃると思いますので好みに合わせてアイシャドウ(ライナー)を選んでみてください。また、レベルアップしたら涙袋の下に薄い茶系でラインをひけば、さらに涙袋を強調できます。ただ、このラインは濃くは書かずにうっすらとかく程度にするのがおススメです。ぜひ試してみたください。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る