【下半身痩せ】脂肪がめっちゃ落ちる!運動方法

ca977cc9fb6a21294b2e060667089fb1_s
Pocket
LINEで送る

スリムなジーンズが穿きたい!でも下半身に自信が無くて…。そんな悩みを抱えているあなた。一度ついてしまった下半身の脂肪は、なかなか落ちません。それが分かっているから悩むのです。そういう人には運動はどうでしょう?ここでは下半身痩せに効果がある運動をご紹介します。

スポンサーリンク

~目次~

【下半身に脂肪がたまる原因は?】

63d548433c9e590fdfd39a2ba750198a_s

下半身の脂肪は、男性より女性の方がつきやすいと言われています。その理由として、女性の筋力が弱いこと。冷え性の症状を持つ人が多いこと。この2点があげられます。

ふくらはぎの筋力が無いと、どうしてもむくみやすくなります。それはふくらはぎの筋肉が、血液を心臓にまで送る働きをし、体内の血液循環に大きな役割を果たしているからです。

この循環がうまくいかなくなると、足はむくみます。そしてむくみを放っておくと、血液とともに流れなかった老廃物がたまり、セルライトになってしまいます。このセルライトと脂肪が結びつくことが、さらなる脂肪を増やしていく結果になるのです。

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

また冷え性も同じ仕組みです。冷え性の方も血の巡りが悪いため、セルライトができやすい体質と言えます。これらのことからも、セルライトを作らないことが、下半身に脂肪がつきにくい体となります。セルライトって?とお思いの方は、太ももやひざの上をつまんでみて下さい。

その時皮膚がぼこぼことなっていませんか?このぼこぼこがセルライトです。

スポンサーリンク

【下半身痩せには、何が有効?】

5b580930a335bd5018d3312efc0d0a51_s

下半身痩せには、運動が効果を発揮します。しかし、運動と言ってもこの場合、脂肪燃焼しやすい運動を取り入れましょう。それはズバリ、有酸素運動を行うことです。

過酷な食事制限や、負荷の重い筋トレなどでは、一度下半身についてしまった脂肪に、あまり効果はありません。長い年月をかけて蓄えた脂肪は、じっくり有酸素運動で脂肪を燃焼しながら、下半身痩せを目指しましょう。
ウォーキング
このウォーキングが一番下半身痩せにはおすすめです。体力がある人も、ない人も、誰でもできるのがウォーキングの良い所。わざわざ運動する施設に行かなくても、家の周りを歩くだけでいいので、お金もかかりません。この時の注意点は息が上がるほどの運動をしないことです。

普段より、早歩き程度で40分以上行いましょう。脂肪が燃焼しだすタイミングは、運動をはじめて20分~30分経過した頃からと言われています。ですので、少しきつくても40分は頑張ってみて下さい。
階段の昇り降り
こちらは家の中でできます。外で運動したくない。人に見られるのが嫌。外で運動していたけど、雨が続いて心が折れてしまった。そんな人も、気軽にはじめられます。

やり方は、シンプルです。家の中の階段、または段差がある場所で、ふくらはぎを伸ばす意識で、昇り降りしましょう。それを15回ほど繰り返し、一日の内に3回行いましょう。

上に昇りきった時、数秒ふくらはぎを休めるのがポイントです。やってみると、結構きついですが、下半身痩せには根気強く運動を続けることが大切です。ただの段差で行う人は、一般家庭の階段の数は13段~15段だと言われていますので、これを目安に頑張りましょう。
ヨガやピラィス
こちらも人気です。正しい呼吸法をマスターし、全体運動も含めて、下半身痩せのポーズなど、真剣に取り組んでみて下さい。

【下半身痩せ】脂肪がめっちゃ落ちる!運動方法まとめ

6e78c5ea0e782c0a1844d405df69751d_s

今日から頑張ろう!下半身痩せには、難しい運動や負荷のかかる運動を行う必要はありません。家の周りや、家の中でコツコツと有酸素運動を行うことが、近道です。ポイントは、息が上がらない程度の運動です。それにお金をかけずにはじめられるって、とても気軽じゃありませんか?下半身痩せをあきらめていた人。ぜひ試してみて下さい!そしてスリムな服が似合う人になりましょう。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る