生理前のPMSの原因と解消方法!イライラをなくす

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s
Pocket
LINEで送る

女性特有の生理前に起こる体の不調。その症状には個人差がありますが、主にイライラしたり、集中力がなくなったり、中には頭痛や吐き気などをうったえる重い症状まで・・。しかし私たちの多くは、その詳しい原因をあまり知りません。そこで今回は、そんな生理前のPMSの原因と解消方法などについてご紹介していきたいとおもいます。気になる方はメモのご用意を!

スポンサーリンク

~目次~

【PMSとは何か?】

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

PMSとは(Premenstrual Syndrome)の略。日本語では「月経前症候群」と訳すことが出来、そう呼ばれています。

これは女性特有の症状で、生理が始まる約2週間前に起こる体の不調のことを指します。主な症状としましては体には「むくみ」や「眠気」または「不眠」、「頭痛」、「下痢」、「吐き気」など。心には「イライラ」や「無気力」、「集中力の低下」、「興奮」、「不安」などの症状がみられます。

しかしこれらは生理が始まると同時に消えるか、軽くなるのが一般的。PMSの時期をある程度予測したいという方は「基礎体温」を付けえることをオススメします!

スポンサーリンク

【その原因について】

ea247c03808b71c841a22ad89a0f29b5_s

PMSの主な原因ははっきりとはわかっていません。しかし一説によると、生理前の体内では女性ホルモンの急激な変動がみられ、それが大きく関わっているのではないかと考えられているようです。

ではなぜ個人差があったり、月によってその症状に違いがみられるのでしょうか?それはそれぞれの「ストレス」の度合いや「性格」、「思考」、そして「食生活」に違いがあるから。またその時のあなたの体調などによっても異なるため、症状に違いがあるのは当然であると考えます。

【解消方法】

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

生理痛とは異なるPMSの症状ですが、その解消するにはいったいどんなことに気を配れば良いのでしょうか。それは例えば・・

ストレスとため込まない
PMSの解消方法はといえば、これといった明確な解決策があるわけではありません。しかしそれを上手く乗り越える緩和策は大いにあります。その一つが日々のストレスをため込まないということです

。時には仕事を早めに切り上げて遊びに出かけるなんてことも、PMSの良い対処法だと言えるのではないでしょうか。

運動する
激しい運動はオススメしませんが、ウォーキングなど気軽に始められて続けられる運動はPMSを緩和させる良いアクセントとなっているようです。

特に頭痛でお悩みだった方の口コミによると、少し体を動かすことで頭痛が軽くなったのだとか。症状によっても異なりますが、運動が出来そうな方はぜひ一度お試しください。

食生活の改善
PMSを緩和する方法の一つとして食生活の見直しも最適な対処法の一つです。食生活が乱れがちな方は、ぜひこの機会に食事の栄養バランスを整えることに努めてみませんか?特に脂肪の少ない低脂肪な食事がPMSの症状緩和にも大いに役立つことでしょう。

また不足しがちな栄養素はサプリメントで補い、バランスを保つように心がけてください。

その他PMSの期間は決して無理をしないことが最大の症状緩和策だと言えるでしょう。例えば、PMS症状の一つである「眠気」。特に眠気が強くて辛いという方は、無理などせずに仮眠を取ることをオススメします。

また疲れやストレスが溜りがちなあなたには、リラックス効果のあるお風呂で湯船にいつもより長く浸かることをススメます。それでも辛いと感じたら、迷わず「婦人科」を受診してください。

【生理前のPMSの原因と解消方法まとめ】

ea7c7fd50ecf152507234896dda181c0_s

いかがでしたか?PMSは生理のある女性なら誰しもが経験したことのある症状です。辛さの度合いは人それぞれで違えど、あまり経験したいものではありませんよね。PMSかな?と感じたらぜひ上記の緩和策を参考にしてみてください。生理が始めればこの辛さは消えると分かっていても、体の不調は私たちを参らせます。辛いと感じたら無理はせずに、どうか立ち止まり、休むということをオススメしたいです。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る