【なかなか寝付けない!】少しのコツで深い睡眠が取れる方法とは?

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s
Pocket
LINEで送る

普段日本人はよく働き、休むことを知らないなどと言われますが、その少しの睡眠時間ぐっすり眠れていますか?本当は寝なきゃいけない時間なのに寝付けない。あと3時間しか寝る時間がないのに寝れない!など、時間に焦らされ逆に寝付けないなんて事もあるかと思います。寝る時間は脳と体をリセットし、精神も安定させる大事なリラックス時間。いつもの睡眠が削られると人間は脳内がパンクして、いつも冷静でいられるのにイライラしがちになったり。中には動悸や手の震えが起きる方もいます。人間にとって睡眠は欠かせない行動の一つなのです。それではなかなか寝付けない時、少しのコツで深い睡眠をとる方法をお教えします!

【深い睡眠が取れる方法の目次】

スポンサーリンク

【寝る時の姿勢】

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

普段ベッドを使用している方や、お布団を毎回敷く時間が無く敷きっぱなしで過ごしている方などの場合、いつも寝る場所が定位置になってしまいがちで敷布団やマットなどの頭の位置や背中の位置が決まった場所になってしまう事があります。

その場合、いつも同じ場所で寝るのでその部分の布団が沈みやすく、体の姿勢を悪くしてしまう可能性があります。もしいつもの様に寝て、【背中が少し丸くなっているかな?】【他の箇所と比べて布団が沈んでしまってる】など気づくことがありましたら、背中の部分に2つに折ったバスタオルを敷くなど、猫背にならず綺麗な姿勢で寝られる工夫をしましょう。

体のバランスが崩れると翌日腰痛や背中の痛み、ひどい肩こりなど何らかの症状がでてしまいやすいのです。ただ寝るだけではなく、寝る姿勢を気を付けてみてください。

スポンサーリンク

【寝る時に耳栓をする】

042033

昔から耳栓はありますが、分かっていてもなかなかつける人がいなかったりする耳栓。実は耳から聞こえる音は普段普通に入ってくる物音や話し声でも、寝る時には耳には【ストレス】になることがあります。

大きな音が聞こえていてもすぐに寝られるという人も中にはいますが、耳障りな音がずっと聞こえていると注意したくなってしまうのが普通だと思います。

そこで耳栓です。ただ耳栓を付けて寝るだけではなく、適当にかった耳栓を付けてもなかなか耳にはまらない。音がかなり漏れる。など、自分に合わない耳栓なども存在します。薬局に売っていたからと言って必ずしも自分の耳の穴に合うとは限らないのです。

今ネット通販などではさまざまな形の耳栓が販売しています。少しくびれた形の耳栓や、耳の穴が小さい人向けに作られたものなど、その種類はとても多くあります。サイトによっては、10種類ほど入った様々な耳栓をお得に販売していて、自分に合った耳栓をそれで見つけることもできるようになっています。

【耳栓を付けて寝ると何も聞こえなくなってしまうのではないか?】【目覚ましの音が聞こえなくなっては困る。】などの心配もあるかもしれませんが、実は耳栓は雑音や騒音をシャットアウトし、目覚ましなど重要な音は聞こえるような構造になっています。

ですので自分の耳の穴に合った耳栓を選んで寝ると睡眠の質があがるというワケです。

【アイマスクをする】

281ab7afd43f19c3c3ab93510c9dcb7a_s

寝る時間が毎回違い、明け方だったり真夜中だったりと、部屋や外の明るさが気になり寝付けないケースもあります。その場合はアイマスクを付け、周りの明るさを遮断し、一定の暗さにして精神を安定させるのが効果的です。

そうすることで睡眠時間を短い時間でしか取ることが出来なくても、短時間で睡眠に入りやすく質の良い睡眠が取れるということです。

今では忙しい女性の為にメイクが崩れにくいアイマスクも販売していたりします。是非自分に合ったアイマスクを見つけてみてください!【眠いからと言って日中に長い仮眠は取らない】

なかなか寝付けなかったからといって日中に長い仮眠をとるのは間違いです。脳が夜と勘違いして体をリセットしてしまい、長い仮眠から起きた時にだるさや倦怠感が残ってしまう場合があるからです。

長い仮眠をとるのではなく、眠気に勝てそうにないときは短い時間の仮眠をとるようにしましょう。短い仮眠を心がけ、夜の睡眠と脳が勘違いしないように注意してとる事が重要です。

【寝る前にテレビ・携帯・パソコンの画面を見ない】

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

テレビ画面や携帯、パソコンなどには【ブルーライト】という光が発せられている事が分かっています。そのブルーライトが目にもよくないとされ、実は脳にも影響されるとされています。

寝る前に画面を見続けるとブルーライトに脳が刺激されて興奮状態になり、なかなか寝付けない状態になってしまうのです。実際眼鏡店ではブルーライト対策の眼鏡も販売され、目や脳の疲れを和らげる対策が進んでいます。

仕事柄どうしてもぎりぎりまで画面を見なければいけない場合、画面の明るさを下げ、直接目による刺激を抑えるようにしましょう。

【なかなか寝付けない!】少しのコツで深い睡眠が取れる方法まとめ

c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s

いかがでしたでしょうか?耳栓やアイマスクはあるのは知っていてもなかなか実践した事がない方もいたのではないでしょうか?耳栓やアイマスクは決して高い金額の物ではありません。普段寝付くのに時間がかかる人、睡眠がとれても体のだるさが抜けない人など、睡眠に関して悩んでいたら是非試してみてください!

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る