「日焼け止め選びは大切」SPFやPAってなに?使い分けが重要

bb29d5fa119fa4d4fe8434cb9f7e411e_s
Pocket
LINEで送る

みなさんは数ある日焼け止めをどうやって選んでいますか?SPFやPAの数値も種類によって様々ですよね、しかも今はチューブタイプのものもあれば振ってから使う物、さらには全身使えるスプレータイプもあります。どうしても焼けたくないからSPFの高い商品を選んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかしただSPFが高いからいいというものではないんです、ご自分の生活スタイルや肌の状態などに目を向けて日焼け止めを選ぶ事もとても大切なんです!実際強い日焼け止めが合わなくて肌トラブルになってしまったという声もよく耳にします。もう一度日焼け止めについて確認し自分に合った日焼け止めを探してみましょう。

スポンサーリンク

【日焼け止めに表示されているSPF・PAについて】

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

日焼け止めを買う時に必ずSPFとPAという表示がされていますが、みなさんはきちんとこの意味を理解しているでしょうか?今さら人に聞けない…そんな方の為にもう一度ここで確認してみましょう。

「SPFとは?」

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

SPFはSun Protection Factor(サンプロテクション ファクター)の略になります。このサンプロテクション ファクターは分かりやすく言うと紫外線を防御する指数です。SPF1でだいたい時間にすると約20分ほどになります。

ですからSPF1は、肌に何もつけていない状態の時に比べると、約20分日焼けを遅らせる事ができるという数字になります。例えばSPF15なら15×20=300分という事になり5時間日焼け止め効果があるという事になります。

PAとは?

65bdaefb75fee6b9bf0a6bdf9b3a564f_s

PAはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略です。PAは肌を黒くしたりシミやシワの原因となるUVA波の防御指数になります現在の表記は4段階で一番上が++++となっています。案外SPFは注意されてますがPAも肌の老化にはとても重要になってくるので購入の際には確認してみるといいですね。

スポンサーリンク

【日焼け止めの選び方について】

b0ca673ebeb5232aa1595ca732da3fd7_s

では次に日焼け止めの選び方についてまとめてみました。以前の私はとにかく絶対に焼けたくないからと特に外に出る機会も少ないのにSPF50を選んで使っていました。

しかし、ある時から肌アレが酷くなりもしかしらた日焼け止めのせいかも?と思いSPF値を下げて使用したら肌アレが改善されたという経験をしました。この経験を体験してからは日焼け止めを使用するシーンごとに使い分けるようにしました。

一般的に日常生活をするならSPFは15~20でPA++程度で十分なんです。

ちょっとしたウォーキングや犬の散歩などにはSPF20~30でPA+++。

海や山のレジャーに行く場合には最高値のSPF50でPA++++

が望ましいと言われていますが、短い時間でも炎天下の強い紫外線にあたるようなら数値の高い物を選ばれるといいと思います。日焼け止めの使い分けって面倒かもしれませんが、肌の負担を軽くして紫外線から肌を守るためには必要かもしれませんね。

「日焼け止め選び、大切なのは何?」まとめ

0a78ae60686d0038385b9069abdc06f6_s

自分の経験からも日焼け止め選びにはただ数値が高い物を選ぶという考えではなく、きちんとSPFやPAを理解して選ばれることをおすすめします。またせっかく紫外線から肌を守るために使う日焼け止めなので、ムラなく丁寧に塗る事にも注意をしていただけたらと思います。汗をかいたり、海やプールで泳いだ時にはこまめに塗りなおすというもの重要です。また注意して頂きたいのが一度開封した日焼け止めは早めに使きって下さい!もったいなからと何年も前のものを使用してしまう方もいらっしゃるかと思いますが、酸化した化粧品は肌荒れの原因に繋がります。今一度日焼け止めの種類や使い方を学んで、1年中日焼け知らずの肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る