いやぁ~な「目の下のクマ」3種類タイプ別!改善方法はコレ

9fea595ebda17ae49fe88d75f7cb1585_s
Pocket
LINEで送る

顔の中でとても皮膚の薄い目元、ちょっと寝不足をしたり体調を崩すだけでも目の下にクマができ人に疲れた印象を与えやすくなってしまいますよね。しかもこのくまはなかなか改善されなくて困っている人は多いはず。単にくまといっても実は3種類のくまがあるってご存知でしょうか?一刻も早く顔を老けた印象にもみせてしまう「クマ」を改善するには、3種類あるクマの原因をきちんと理解し、またそのクマにあったケアをすることが大事なんです!自分の顔を鏡で見ながら、自分のクマがどのタイプに当てはまるのかを確認しながらお読みいただけると嬉しいです、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

【クマの種類とその原因】

c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_s

クマには大きく分けて「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」という3種類に分けられますので順番に確認していきましょう!

・茶クマ→色素沈着によってできるクマで、目をこすりやすい人は特に注意が必要です。またメラニン色素の沈着が原因で、紫外線はもちろんですが普段スキンケアやメイクをする中で強く摩擦を与えるのも角質を厚くしてしまいくすみとなり茶クマの原因となります。

・青クマ→血行不良によりできやすくなります。目のまわりには毛細血管が多くあります、その部分の血液が滞り薄い皮膚から透けて目の下に青っぽく見えるのが特徴です。寝不足や不規則な生活に冷えやホルモンバランスなどの乱れも原因ですが、パソコンやスマホを使用する事で血液の流れが悪くなるのも青クマになる大きな原因です。

・黒クマ→老化による皮膚のたるみやへこみが原因であらわれるクマです。肌がたるむことで顔に影ができてしまうので顔を上にあげると目立たなくなる特徴があります。

スポンサーリンク

【クマの種類別対処法】

b0ca673ebeb5232aa1595ca732da3fd7_s

鏡を見て自分がどのタイプのクマなのか理解していただけましたか?自分のタイプが分かれば後はそのクマにあったケアをすればいいだけ!少しでも今の状態が改善されるよう種類別の対処方法をまとめてみました。

・茶クマ→メラニン色素や色素沈着が原因となる茶クマは毎日のスキンケアで紫外線対策は必須です。紫外線は1年中降り注いでいるので外出時はもちろん家の中にいる時でもしっかりと対策するようにしましょう。またメイク汚れなどがきちんと落ちてない場合もどんどん角質を厚くして色素沈着の原因となってしまうので、きちんと汚れを落とすようにした方がいいですね。ただし目元はとてもデリケートな部分になるので、アイメイクなどは専用リムーバーで負担なく落とすことをおすすめします。

・青クマ→血行不良や不規則な生活、冷えなど日常生活がかなり影響しているこの青クマ、まずはいつものスキンケアの時などにツボ押しや血行促進のマッサージを組み入れてみましょう!目頭から目尻にかけて力を入れすぎないようにマッサージして血行を促進するといいですね。また体を冷やしてしまう冷たい飲み物の摂取を控えるのも大事です。寝不足やストレスも厳禁!!常に規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

・黒クマ→肌のしわやたるみによってできてしまうこの黒クマを解消するには、まず筋肉を鍛えたるみの原因を予防します。顔の筋肉を鍛える為におすすめなのが表情筋を鍛える体操です。顔ヨガってみなさん聞いたことありますよね?あれはとても効果的です!いろんな部分の筋肉を鍛える事ができるので、ちょっと変な顔になりますが恥ずかしがらず頑張ってみて下さい。またハリのある肌を目指すために、コラーゲンの摂取も積極的に行うようにしましょう。

【「目の下のクマの改善方法」まとめ】

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

クマのない明るい目元を!一言にクマといっても3つの種類がありそれぞれの対処方法があります。まず大事なのはクマにならないために普段の食生活や生活習慣を見直してみることだと思います。そしてもしクマができてしまったら、自分のクマのタイプを見極めあせらずゆっくりとケアをすすめていってみて下さい。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る