美しい髪を保つための「秋バテ」ケア法!サラツヤな髪にしよう。

f9cd82d50be41826b10482c399898d40_s
Pocket
LINEで送る

私たちにも夏バテがあるように、暑い夏を乗り越えた髪にもお疲れモードはやってきます。それはちょうど夏が過ぎた秋に入った頃・・。しかし秋バテのサインというのは一般的には分かりにくいものです。そこで今回は、そんな「秋バテ」を見分けるポイントとケア法についてご紹介していきたいとおもいます。気になる方はメモのご用意を!

スポンサーリンク

~目次~

【髪の秋バテとは】

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

夏から秋へと変わる季節の変わり目には、私たちも体調を崩したり、食欲がなくなってしまったりと疲れが出やすい時期。それは髪であっても同じことなのだとか。夏休み期間中、海やプールなどで紫外線にさらされた人も多いことでしょう。肌は日焼け止めやUVカット製品などでケア出来ますが、髪はそうはいきません。紫外線を浴びるだけ浴びた秋にはバテて当然!

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

さてそんな髪から発信される秋バテのサインの見分け方ですが、例えば普段よりパサつくと感じたり、髪が細いと感じたら、それはまさに秋バテのサインです。秋バテに陥った髪には潤いが無く、決して美しい髪であるとはいえません。そんな秋バテになってしまった髪に潤いを取り戻すべく、それぞれの症状に合ったケア方法で治していくことが大事です。それでは下記からは、秋バテの種類やそれぞれの対処法に至るまで解決法をご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

【秋バテの種類、あなたはどのタイプですか?】

b0ca673ebeb5232aa1595ca732da3fd7_s

秋バテにはいくつかの種類があります。その種類によって解決法が異なりますので、まずはご自分の秋バテのタイプを把握することから始めましょう。
タイプ1は、分かりやすい症状である「髪がやせて細くなる」タイプの人。
タイプ2は、髪がいつもより「パサパサする」タイプの人。
タイプ3は、普段よりも「抜け毛が増えた」タイプの人。
主にこの3つのタイプに分かれることが多く、どれかに当てはなる人は自分の髪は秋バテなんだと意識したほうが良いでしょう。放っておくのではなく、髪の疲れをぜひケアしてあげてください。

【それぞれのケア法について】

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

タイプ1やせて細くなってしまった髪へのケア方法についてです。

髪がやせて細くなるということは、髪への栄養分が不足しているということ。そのため日常の生活環境を整えるという所に注目すると良いでしょう。例えば夜更かしばかりしている人は睡眠時間を増やしたり、早寝早起きを心がけてみたりと生活習慣を見直すことでだいぶ髪のストレスも緩和されることでしょう。そして一番のポイントは食生活を改めることにあります。栄養のあるバランスの取れた食事を行なうことで、秋バテの原因であった髪がやせるということがなくなることでしょう。夏休みで乱れた日常生活と食生活を改善することがこのタイプの秋バテを改善させる方法だと言えるのではないでしょうか。

 

タイプ2髪がパサつく秋バテについて。

このタイプの改善はとてもシンプルです。ポイントは2つ。保湿性の高いシャンプーを選ぶことと、洗わなくても良いトリートメントのダブル使いで傷んだ髪を守りましょう。そうすることで、みるみる髪に潤いとツヤが生まれ秋バテ解消へと繋がりますよ。

タイプ3の秋バテ解消ポイントについて

秋は抜け毛しやすい時期でもあります。しかしあまりにも多いとやはり心配になりますよね?そんな時は自宅で解決しようとせずに、美容院のヘッドスパを行なうことをオススメします。毛穴に詰まった汚れを取り除き、栄養を与えてくれますから。

【美しい髪を保つための秋バテケア法まとめ】

11bbdb7f85efabb2ac33c0700b7fd4dc_s

いかがでしたか?美しい髪を保つためには秋バテを見過ごしてはいけません。夏の疲れをケアし、元気で潤いのある髪へと戻してあげましょう。髪の秋バテでお悩みの方はぜひご参考にしてみてください。きっと元通りの美しい髪へと大変身しちゃいますよ!

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る