化粧でも人気のイソフラボン!きな粉のすごいパワーとは!

e6af4511744311ca80b390332d93e781_s
Pocket
LINEで送る

皆さんきな粉は日頃食べますか?甘味処などに行ったときにきな粉がかかっているデザートは出たりしますが、日常的に積極的にきな粉を摂っている方は少ないのではないでしょうか?そこで今回はきな粉が美容に良いとされる理由、秘密を紹介します!是非日常に進んで取り入れてより健康的な体になりましょう!

スポンサーリンク

【きな粉ってなに?】

675b4a464d902c1ec1ff9d1c9dcb2422_s

 

きな粉とは大豆の皮をむいて、挽いて粉にした状態のものをいいます。きな粉自体は独特な味がして、元は大豆なので、豆乳の独特な味と少し似ていますが粉末なのでまた違った味わいになります。大豆を直接挽いているので、とても栄養価が高く、お団子やその他の和菓子に良く使われるため、昔から愛されている食品なのです。

スポンサーリンク

【きな粉の美容に良い栄養素は?】

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

きな粉には体に大切なタンパク質や、お通じの改善に役立つ食物繊維などが豊富に含まれていて、「畑の肉」と言われるほど栄養価が高い食品です。そのなかでも美容に非常に期待できる【イソフラボン】。今ではイソフラボンそのものに着目した化粧水や乳液、美容液なども販売されるようになりました。【イソフラボン】は様々な加工食品にも入っていますが、毎日75mg摂ると体に良いとされていて、75mg摂るのにきな粉だったら約大さじ8杯分。きな粉だけ沢山摂るのが大変でしたら豆腐や豆乳などと併用して一緒に摂ると無理なく適量を摂取することができます。

f7fd667c2f2addbdce6679ad8634502c_s

イソフラボンには大豆に含まれる天然の成分で、ワインなどのポリフェノールの仲間なのです。その中でもフラボノイド群に分類され、イソフラボン自体、実は女性の体にある女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすると言われています。

エストロゲンは女性の体つきを形成したり、生理など正常な時期に来るよう体に促す作用のあるとても重要なホルモンです。そのエストロゲンに似てるという事もあり、きな粉などの大豆はとても美容に効果的だとされているのです。

【イソフラボンが入っている食品はどんな物があるの?】

aa479b093eb73dc678b53be5147f1d7e_s

日頃スーパーで販売していて手軽にイソフラボンを取り入れる事が出来るのが豆乳。豆乳の味が苦手な人は豆腐もおすすめです。どれも大豆を加工したもので、体にも美容にもいいとされています。生理不順などでお悩みの方は牛乳ではなく豆乳を飲むと生理不順や月経痛が緩和されるとされています。

その他には納豆、調味料では味噌が挙げられます。味噌にも大豆同様食物繊維が多く含まれている為、食事と一緒に摂るとお味噌汁を飲まないより飲んだ方がお通じの改善に役立つとされていますので、お腹が空いたらお味噌汁をのむ、といった事も以前TVで取り上げられました。お通じの改善も期待ができて、美容にも良く、水分なのでお腹も満たしてくれるので良いですよね。

【イソフラボンの過剰摂取は危険?】

078c1f05284a057394976db731de5428_s

実は体に良いとされているイソフラボンだからと言って過剰に多く摂取してしまうと、ホルモンの値が行き過ぎてしまい、逆に生理不順を起こす可能性があるのです。それだけではなく、同時に乳がんや子宮がんのリスクも高めてしまう事になりかねません。一日の良いとされる摂取量があるように、適量を毎日とるのが健康につながります。良いからといって過剰に取るようなことは避けましょう。

【化粧でも人気のイソフラボン?きな粉のすごいパワーとは!まとめ】

637e6eba5503e32971cd1dd96806c490_s

いかがでしたでしょうか?大豆製品は体に良く、特にきな粉は直接大豆が粉末になっているのでとても栄養価が高くて体に吸収される速さも早いです。手作りのきな粉クッキーや寒い時は豆乳を温めてきな粉にハチミツでホットドリンクにして飲むのも効果的です。一日の摂取量を頭に入れ、過剰な摂りすぎを避けて毎日の健康な体作りをしましょう!

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る