【ダイエットの知識】痩せやすい身体作りをしよう!!

2715167ad107982190de65bc144102f5_s
Pocket
LINEで送る

現在ダイエットの種類というのは無数に存在しその効果ややり方もさまざま。しかし間違った知識でダイエットしてしまっていては、効くはずがありません。それはただ時間を無駄に使っているだけ。そこで今回は、そんなダイエットにまつわる正しい知識を食の観点からご紹介していきたいとおもいます。気になる方はメモのご用意を!

スポンサーリンク

朝食抜きは太るもと!

c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s

あなたはダイエットの際に朝食を抜いていませんか?きっとそれは1食分減らすことで、1食分のカロリーをカット出来るという間違った考え方から。しかし朝食を抜くことでかえって太りやすい体質になってしまうのですよ。

その理由は、朝食を抜いたがためのエネルギー不足。それは負の連鎖を呼びお昼の食べ過ぎへと繋がっていくのです。ですから朝食は軽めでも良いので、必ず食べることを習慣づけ、太りやすい体を作る連鎖を食い止めましょう!

また朝食には「糖質」を含む食べ物を選ぶと良いとされています。それがエネルギーとなり、新陳代謝を高める要因ともなるでしょう。

お昼はがっつりと食べましょう!

84a166ba6f75f6db5210c4a2cde23740_s

朝食が軽めならば、お昼はがっつりとしっかり食べてください。

ダイエット中のお昼は最も大事な栄養源ともなります。それは夕食に気を使わなくてはいけないひと時の楽しみとでも言いましょうか。その理由は、お昼を比較的満足のいくものにしておけば、夜に多少の制限をかけたとしても、それがストレスだと感じなくなるから。

またそれは夕食までの間食を防止することともなり、余分な摂取カロリーを軽減するためでもあります。そして1日の間で最も食べることが出来る時間でもありますから、しっかりと栄養バランスの整ったものであれば、なおベストですね。それは健康的に痩せるためのポイントであり、痩せやすい体作りにも繋がるポイントとでもあるのですから。

夜だけは控えめに!

2247d1ece980ac7f4421816300d9783e_s

朝、昼はそれほど食事制限がありませんでしたが、やはり一番太りやすい夕食だけは気を付けなければいけません。食べる量をおさえるのはもちろんのこと、カロリーや炭水化物には注意が必要です。特に直接太る原因として真っ先に名前が挙がる、炭水化物はなるべく控えましょう。

炭水化物の代わりに、ヘルシーなダイエット料理でお腹が空くのを防ぎ、物足りなさを感じさせないのが秘訣です。例えば味噌汁やスープをヘルシーだけど具だくさんにしてみたり、肉や魚は脂身の少ないものを選ぶなど、炭水化物以外の料理を充実させましょう。もちろん食べ過ぎないことを前提として!

79554a37399d41b866b7addbbabcd436_s

また夕食を食べ始める際には、なるべく野菜から食べ、お腹をふくらませてから次を食べ進めると食べ過ぎることを軽減してくれますよ。そして太りやすい夜の時間帯ですから、食べる時間にも気をつけて!一般的に20時以降はもっとも太りやすい時だと言われていますので、出来る事なら20時を過ぎる前までには夕食を終えておくことをオススメします。

a7df459484ffb32af17c5051beb0646a_s

こうしたどのダイエット法にも当てはまる基本的なダイエットルールを守ることで、リバウンドの少ない、健康的で美しいダイエットの成功が待っているのではないでしょうか。これまでダイエットに挑戦し続けても、失敗ばかりという方にはぜひもう一度こうした基本を見直し、失敗の少ないダイエットとしてください。

ダイエットの正しい知識のまとめ

e300a2d02d14706e8a3e8ab450da2cd4_s

いかがでしたか?ダイエットは数多くあれど、基本的な食事のルールはどれもあまり変わりがありません。食べるときは食べる、控えべき時は控えるを合言葉に、少しでも多くの方がダイエットに成功することを願います。そのためには正しい知識で持ってそれを行ない、続けることが何よりも大切です。皆さんも成功目指して、これらのルールを頭に入れながらダイエットを行なってみてくださいね。

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る