「短い爪」でも可愛くなれる!人気おすすめネイルはコレ

5965be761b0a17129fd51aaf334c6173_s
Pocket
LINEで送る

オフィスや学校ではもちろん、家事や育児をしていると爪を長く伸ばせないですよね。ネイルサロンにも行きたいけどお金もかかるし、定期的通うなんて忙しくて無理!なんていう方も多いと思います。そんな方には自分でできる簡単なセルフネイルがおすすめです。短い爪でもちょっとのポイントを押さえればとても可愛いネイルが簡単にできますよ。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

短い爪は可愛くない?

fc9bbd195cd67844b25004dbf5d59aec_s

もっとネイルを楽しみたいけど、爪を伸ばせない環境って多いですよね。特に子供が居るママなどは、危ないし手入れが大変なので短めに切ってしまいます。

爪が短いとネイルも映えないし、ネイルサロンに行くのも何だか恥ずかしいなんて思っていませんか?実は、それは大きな間違いなんです。短い爪だからこそ似合うデザインや、カラーが沢山あるんです。

短い爪のネイル

1c00d4b7ab37c5673a40f3caa8d9ac85_s

最近では、短い爪のネイル=ショートネイルと呼ばれていてとても人気があるんです。少し前までは長さを出したネイルが一般的でしたが、生活環境の影響で爪が伸ばせない人が多くショートネイルを楽しむ人たちがとても増えています。なので、短い爪だからと言ってネイルが楽しめないなんていうことは無いんです。

ショートネイルの魅力

4216cdab63f1e828900800a699a95cc1_s

ショートネイルの魅力は、なんといってもちょこんとしたサイズの可愛さです。すらっと伸びた長い爪も素敵ですが、小さく控えめな爪は可愛い印象を与えてくれます。またショートネイルは清潔感があり、家庭的に見えると男性受けも非常に良いんです。爪が折れたり割れたりなどのネイルトラブルが少ないところも魅力の一つです。

セルフネイルの下準備

6099b91cc11016165ba361dfb4b6ddba_s

セルフネイルを始める場合、必要な道具がいくつかあります。マニキュアだけを何の準備もせずに塗ってしまうと、持ちも悪いし仕上がりもイマイチになってしまいます。ドラッグストアや100円ショップなどにも売られていてどこでも手に入るものばかりので、この機会に揃えてみましょう。

▼おすすめのセルフネイル▼

可愛いネイルのセットです♡家で簡単に♪ネイルを楽しむ事が出来ちゃいます(*σ.σ*)1つ持っておくと、便利な商品です。

①爪切り、爪やすり

爪の形を整えるために使います。やすりは持ちやすく、削りやすいものを選びましょう。

②綿棒

甘皮の処理や、はみ出たマニキュアをオフする時に使います。あると何かと便利です。

③ベースコート

マニキュアを塗る前に爪に塗る透明なマニキュアのようなものです。爪の凹凸を塞いで綺麗に色を塗るため以外にも、マニキュアの染料(カラー)が爪にうつるのを防ぐ役割があります。

④トップコート

マニキュアの仕上げに塗る透明のものです。ネイルにツヤが出て発色がよく見える他、ネイルの持ちが良くなる効果があります。

⑤リムーバー(除光液)

マスカラを落とす時に使います。塗る時にはみ出てしまった部分などにも使えます。

⑥ハンドクリーム(ネイルオイルも可)

ネイルに油分を与え、乾燥などから爪を守り健康的な爪にしてくれます。

まずはこの6つを揃えましょう。プロ用の高いものから手ごろな価格のものまでありますが、自分の使いやすいものを選ぶことが一番大切です。

甘皮の処理

0584c5fd750b02d74e4de803b06f72c4_s

短い爪にネイルをするにしても、少しでもシュッと長く見せたいですよね。そこで欠かせないのが甘皮の処理です。甘皮とは爪の生え際にある皮のことで、爪の乾燥やささくれの原因になってしまいます。処理方法はとても簡単なので、是非やってみてください。

①お風呂で指先を温める

まずは甘皮をよくふやかすことが大切です。固まったまま処理を行なうと、逆に爪を傷つけてしまう恐れがあるので、必ず温めてふやかしましょう。お風呂に入れない場合は洗面器やボウルにお湯をいれて指先をつけましょう。

②甘皮を押し上げる

甘皮がよくふやけてやわらかくなったら、用意した綿棒を使って処理していきます。甘皮を押し上げ、爪に残った膜を綿棒でクルクルとこすって取っていきます。けっして力任せに押し上げず、優しくおこなってください。

③ケア

甘皮の処理が終わったら、ハンドクリームやネイルオイルで保湿します。処理した部分はもちろん、爪にもしっかりと塗り込んでください。

たったこれだけで簡単に甘皮の処理ができます。甘皮は爪を作る大切な部分なので、逆に処理をしすぎてもよくありません。2週間に一回程度で大丈夫なので、やりすぎないように注意しましょう。適度なケアを心がけて、健康的な爪を育てていきましょう。

マニキュアの塗り方

7428616f0710c60bd0a7dd2ad9d9558d_s

案外マニキュアの正しい塗り方を知らない方が多いようです。正しく塗るだけでムラなく綺麗な仕上がりになるので試してみてください。

①ベースコートを塗り、しっかりと乾かす

②爪の真ん中に根元からつま先に向かって一本線を引くようにマニキュアを塗る

③左側、右側も中央と同様にスッと線を引くように塗る

④爪の先の縁をスッとなぞるように塗る(これをするだけで持ちが良くなります)

⑤完全に乾いたら、トップコートを薄く塗って完成です!

コツは何度も重ねて塗ったり、ベタベタと厚く塗りすぎないことです。あまり重ねすぎると綺麗に塗れず、雑な仕上がりになってしまいます。素早くサッと塗る事も大切です。

短い爪に合うカラー

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

短い爪には、ビビットカラーがとてもよく似合います。赤やピンクなどの派手目な色だけど、控えめなサイズ感なので主張しすぎず良いバランスになります。カラーは何色でも可愛いですが、爪を長く見せたい時にはヌードカラー(ベージュなどの肌馴染みの良い色)がおすすめです。ネイルと指の境目をぼやかす事で爪が長く見える効果があります。

短い爪に合うデザイン

短い爪に合う、デザインをご紹介します。

①単色のベタ塗り

cea35c4c7280ec3406d779c6401fbd95_s

ショートネイルが一番映えるのは単色ネイルではないでしょうか。主張しすぎない控えめな大きさなので、何色を塗っても派手すぎずに可愛い印象になります。アレンジにネイルシールやネイルストーンをポイント使いしても可愛いですね。5本とも全て違う色にしてもポップで可愛いですよ。

②逆フレンチ

be65423f62d429757e718050f96c299d_s

普通のフレンチネイルだと、塗る部分が少なく爪が逆に小さく見えてしまいます。そこでオススメなのが逆フレンチネイルです。マニキュアを塗る部分が多くなるので、短い爪でもすらっと長く見える効果があります。

③ドットネイル

3f57bbb38adb5bfe74657a781166f4b2_s

ドット柄もショートネイルならではの可愛さがあります。爪楊枝や丸ヘアピンの先などにちょんとマニキュアをつけて、爪にドット柄を付けていけば自分で簡単に出来ます。その日の気分で何通りものドットネイルを楽しむ事ができます。

④ストライプ

568226b21d2f334815343d1d6e91e13f_s

爪を長く見せる効果があります。難しそうに感じますが、マスキングテープがあれば誰でも簡単にストライプネイルができます。爪に好みの太さに切ったマスキングテープをストライプ柄になるように貼ります。あとはその上から好きな色のマニキュアを塗るだけです。マスキングテープを貼っていない部分だけにマニキュアが付き、簡単にストライプ柄が完成します。これなら失敗することもありません。

⑤ハートフレンチ

b9751f88b5604a46fdcdb853735fa3e2_s

さらに可愛い雰囲気になるのがハートフレンチネイルです。ハートを片方ずつ描いていけば、自分でも簡単に描けちゃいます。ハートと爪の境目にジェルライナーなどで縁取りしたり、ハートの左右の大きさを変えてもオシャレですね。

「短い爪」でも可愛くなれる!人気おすすめネイルはコレまとめ

いかがだったでしょうか?短い爪でも似合うネイルカラーやデザインがたくさんありましたね。ネイルが可愛いと見ているだけで気分も良くなるし、何だか楽しくなっちゃいますよね!今までネイルを諦めていた人も、この記事を参考にもっと爪のオシャレを楽しんでみてください!

スポンサーリンク

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る